笑顔で老後を暮らすために!イデコを上手に活用しよう!

老後のための資産運用

老後の生活が公的な年金だけでは不十分だと考えている方も多いのではないでしょうか?老後の資金を十分なものにするためには、自分で用意しなければなりません。そんな時に活用したいのがイデコです。

イデコは「個人型確定拠出年金」の愛称です。60歳まで一定の金額を拠出し、定期預金や投資信託などの金融商品で運用したものを年金や一時金として受け取ります。つまり、老後のために自分で資産を運用していく制度です。

受け取る金額は、運用次第で拠出した金額を大きく上回ることもありますし、場合によっては下回ることも考えらえます。しかし、イデコには毎月積み立てる掛け金や、受け取る際などに税制面で優遇され、将来の資金を確保するのにメリットが大きい制度です。

イデコのメリットとデメリット

イデコは、毎月拠出する掛け金が全額所得控除されます。そのため、所得税や住民税が軽減されます。また、一般的には投資信託で得た利益や定期預金の利息には様々な税金が課税されますが、イデコで運用して得た利益には税金は課税されません。年金や一時金として受け取る際にも「公的年金等控除」や「退職所得控除」を受けることができます。イデコは、毎月の掛け金の下限が5,000円からと気軽に始めることができるのもメリットのひとつです。

ただし、金融商品の中には元本が保証されていないものもあります。複数の金融商品を組み合わせて運用することができるので、金融商品を選ぶ際には慎重に検討しましょう。口座の開設や、運用する際には手数料も発生します。イデコは、金融機関から運用する商品、受け取り方など、すべて自分で決めていくものです。メリットやデメリットを理解したうえで、上手に活用しましょう。

個人型確定拠出年金イデコは、毎月の積み立て時に全額控除対象となり、課税されません。掛金は5000円以上1000円単位で申し込めます。