借金の時効ってどうするの!?時効援用で問題解決

自動的には決まらない借金の時効

借りたお金は返さなければいけませんが、実は時効になれば返さなくて良くなります。借金を返さなくなるので便利そうですけど、気をつける点もあるので注意はいりますよ。時効は自動的に決まるように見えますけど、実は手続きをしなければ時効にはなりません。必要な手続きとしては時効援用があって、この手続きをしておけば対応できますよ。借金の時効を成立できる時効援用は、実はこれといったルールが決まっているわけではないです。相手に時効が来たことを伝えればよいだけなのですが、明確な証拠がないと後でトラブルになります。せっかく時効になって借金がなくなったのに問題が起きたら困りますよね、そういう問題を避けるためにも正確な手続きは必要です。

失敗しない時効援用のやり方

借金をなくせる時効援用は便利な方法で、上手く行けば返済の義務がなくなって楽になりますよね。手続き方法は特に決まりはないため、相手に手紙や電話で知らせるだけでも効果はあります。ただ相手に伝えた証拠がないとトラブルが起こりやすいので、何らかの形で残したほうが良いですよ。証拠を残したい時は特別な方法で、相手に書類を郵送すると対応できます。相手に伝えた証拠が残る形で伝えておけば、後で問題が起きた時もこちらが有利になれますよ。時効援用は自分でもすることができますが、専門家に任せたほうが失敗しません。例えば本当に時効が成立しているのか、専門家ならば確実に調べてくれるので安心です。第三者を通じて相手に連絡をすれば、証拠も残しやすいので効果的ですよ。

時効援用とは、時効を迎えた借金について、時効の制度を利用するという意思を債権者に伝えることです。この時に、内容証明郵便などで通知書を送って証拠を残すほうがトラブルになりにくいです。