服飾系や被服系の専門学校や大学へ

パタンナーは、デザイナーが作成したデザインを元にパターンと呼ばれる型紙を作る仕事をしている人です。パタンナーとして必ず必要な学歴や資格はありませんが、就職するとなると服作りの知識が全くない人を採用するケースはとても少ないです。一般的なルートとしては、高校卒業後に服飾系の専門学校や大学や短大の服飾系学科に進んで就職するというものですが、ファッション系の専門学校で学んだ人が最も多いといわれています。また、資格は必要ないものの、パターンメーキング技術検定やCAD検定といった技術力がわかる資格はあり、就職時に有利に働くことがあります。アパレルCADが普及しており、パタンナーもIT化しています。

学校選びは慎重にしよう

パタンナーの知識や技術を身に付けられるファッション系の専門学校は数多く存在します。その中で自分に合う学校に通うために、情報収集をしっかり行い慎重に選ぶようにしましょう。費用や所在地、授業のカリキュラムも当然チェックしたい項目ですが、抑えておきたいポイントは卒業生の就職率や就職先です。卒業生がどのような場所に就職しているかを知ることで、その学校がつながりのある業界が見えてくることがあります。またファッション系の専門学校を卒業したからといって、すべての人がその業界に就職しているわけではありません。卒業生の就職率や就職先をチェックしておくことは重要なポイントといえます。

学校選びをするときは、文字情報だけではわからないことが多いです。実際にオープンキャンパスや体験授業を受けて、学校の雰囲気を知り、できれば在学生の声を聞いてみることがおすすめです。

服飾の専門学校ではファッションや洋服のデザインについて学ぶことができ、若い女性を中心に多くの入学者がいます。