高校中退の最終学歴は中卒

高校を中退してる人の数は年々減少しているものの、いろいろな理由で高校生が学校を途中で退学しています。高校中退後はどのような進路を歩んでいるかというと、仕事をしている人が最も多いというデータがありますが、仕事に就かず学校にも行っていない人も多いです。しかしながら、学校に通っている、仕事をしながら学校に通っているという人も何もしていないという人と同じぐらいの割合でいます。高校中退の最終学歴は中学校卒業となるため、現実的に就職が不利である状況にあるためだと考えられます。

高校卒業の学歴を得るには

高校中退後に高校卒業の学歴を得る方法は4つあります。全日制高校に編入、定時制高校に編入、通信制高校に編入、高卒認定試験に合格する、の4つです。全日制高校に編入する場合は、受け入れ時期が限られていることもあり注意が必要です。またブランクがあると授業についていけないこともありますし、年代の異なる学生と過ごすことになるのでかなりの覚悟が必要といえます。定時制高校では、働きながら勉強できることや学費が安いというメリットがあります。ただかなり忙しい日々を送ることになり、挫折すると卒業ができません。通信制高校の場合も働きながら勉強でき、学費が安いです。自分のペースで学習できることが定時制高校との違いといえます。高卒認定試験は試験に合格すると、学習成果を適切に評価して高校卒業者と同等以上の学力があると認められるものです。自分のペースで学ぶことができるところがメリットとなります。通信講座などの教材で学習することも可能です。

これらの方法で高卒資格を取得すれば大学や専門学校などの受験資格が得られ、また違う進路の選択肢もできます。

高校中退は高校に入学して途中で高校を辞め、卒業しなかった事を指します。高校は義務教育ではない為、その後改めて高校に行かなくても問題はありません。しかし就職時などに学歴を問われ不利な事があります。