資格は同じでも身につく知識は異なる

中学を卒業すると、多くの人は高校受験をして高校に進学します。公立の小学校などと異なり、住んでいる地域で自動的に進学する学校が決まるのではなく、都道府県などで決められている学校を受験します。非常に多くの学校があり、普通科の他商業科や工業科等の専門的な内容が学べる学校もあります。これらの学校を卒業すれば晴れて高校卒業資格が得られます。誰でも大学などへの進学が可能になります。注意したいのは、公立の小中学校と違って学校によってカリキュラムが異なる点です。受験の難易度が高い学校では授業のスピードが速く、高校で履修すべき内容の多くを終えられます。一方低くなるほど授業のスピードは遅く、終えられる内容も少ないです。卒業する学校によって、卒業後の学力に差が出ます。

進学目的か就職目的かを考える

義務教育は中学校までになっています。高校進学は各自の判断に任されますが、世間的な対応としては中卒生と高卒生とでは大きく変わります。ですからできれば高校に進学して、高校卒業資格を取るように勧められます。仕事がある人でも通信制や定時制などがあるので、何とか進学をするようにしましょう。高校を卒業したらさらにいろいろな進路があります。大学や専門学校に進学したり、就職をする人もいます。それぞれの進路が決まっているなら、高校を選ぶときにもそれを加味すると良いでしょう。大学進学を目指すなら、できるだけ難易度の高い高校の方がより難易度の高い大学を目指しやすくなります。就職を目指すなら、就きたい職業の内容が学べる高校を選ぶと良いでしょう。

高校卒業資格は、日常生活の様々な場面で必要です。大学受験は、資格がなければ受けられません。就職も、高卒以上でなければならないところも多いです。